拷問椅子探偵 1巻

小学館

ストーリー

現場に赴かず、情報だけで推理をするのが「安楽椅子探偵」ならば 本書の主人公、丸城戸至土は、前代未聞の「拷問椅子探偵」! …彼は、縛られ、打たれ、罵られ、 脳内麻薬をドバドバ出して推理をする「名探偵」なのだ! 待ち受ける、さまざまな難事件を、凶悪な犯罪者を、 「謎はすべて解け…」ではなく、 「真実はいつもひと…」でもなく、 『この事件、亀甲縛りに出来ました!』の一言で大解決! 罪を犯した犯罪者に「ごめんなさい」をさせるため シドと、助手の少女・フルカが縛って悶えて超推理! 世にあふれる、「あたりまえの

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード