家畜人ヤプー 4巻

講談社

ストーリー

2000年後の宇宙帝国EHS(イース)では、日本人の末裔・ヤプーはどこまで行っても家畜人でしかなく、白人の道具であり消耗品であった。それは便器(セッチン)のみならず、子を宿す子宮畜(ヤプム)や、避妊具の役目を果たす膣内小童子(トンネル・ボーイ)など、あらゆる種類が存在した。クララのヤプーとして生涯を捧げる決意を固めた麟は、生来の犬の性(さが)を開花させ……。傑出したマゾヒズム文学漫画版、堂々完結!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード