新ナニワ金融道 青木雄二物語 1巻

扶桑社

ストーリー

これが『ナニ金』の舞台裏!異端漫画家の素顔がいま、明らかに!!カネを貸す側と借りる側の複雑な人間模様を描いた大ヒット作『ナニワ金融道』の作者・青木雄二。その作風のみならず、思想、日常生活に至るまで、異端かつ人間味に溢れていた青木は03年、肺癌のため死去した。本書は、生前の青木雄二の人となりを知る関係者の証言をもとに、構築した完全ノンフィクション。物語の舞台は、大阪・北新地のクラブを経営する都志と青木の出会いからスタートする。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード