黄昏流星群 49巻

小学館

ストーリー

30年会社勤めをしている野村伸一は、上司に評価されずいまだに係長。 はっきりと「会社には要らない人間だ」とまで罵られ悶々としている矢先、妻の不倫、そして娘二人の非行の事実を知ってしまう。 呆然とする野村は、ふいに“働きアリの法則”を思い出す。 働きアリの集団は、20%のよく働くアリと、60%の普通のアリと、そして20%の怠け者のアリで構成されているという。 普通のアリだけのグループを作っても、その中でまた同じように自覚的に働くアリと怠け者のアリが出現し、比率は延々変わらないのだとか。 “自覚するアリ”にな

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード