そばもんニッポン蕎麦行脚 17巻

小学館

ストーリー

矢代稜は名人と謳われた祖父より江戸そばの技術を伝授された男。 自由にそばを打ちたいと店を構えず、車にそば打ち道具を積み、東へ西へ放浪の日々。今回は出雲蕎麦を丁寧に取材し、江戸蕎麦との対比を見事に描きつつ、松江の地を深く愛したラフカディオ・ハーンの生き様にも触れた「出雲そばルネサンス」、神田藪そばの魅力を掘り下げた「神田藪そば年代記」ほか9編を収録。本格日本蕎麦の味を読んでお楽しみください。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード