彩の神 5巻

一迅社

ストーリー

大禍の成り立ちを仲間達と探り始めた彩は、桂の家である寺の蔵書に手がかりを求める。忍び込んだ書庫で見つけた古書には、とんでもない封印がかけられていて――…。上田信舟が描く、オカルティック・ファンタジー、ここに完結!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード