アカギ 22巻

フクモトプロダクション

ストーリー

かつて夜の冥府に燦然と輝く宮殿が聳えていた。招かれた客たちは皆一様に、呻吟の果てに悶え死んだ。しかたのないことだ。王のためなのだ。しかし、凶事は知らぬ間に忍びよっていた。その晩の客は少し妙だった。髪は老人のようにさらに白く、眼だけが底なしの暗闇。おまえは悪魔と番い、何を得たのだ。捕らえた!!ついに鷲巣を!!最後の審判、いかに!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード