シュトヘル 11巻

小学館

ストーリー

爆破により要所・居庸関に突破口が開く。 金国になだれ込む蒙古兵たち。 それはモンゴルの更なる膨張を伝える狼煙であった。 「焼け野はどこまでも走れる」大ハンとユルールのけっして交じわらぬ対話が尽きたとき、 ナランの想定どおり、シュトヘル、ハラバルが姿を現し、 一堂が会した食料庫は戦場と化す。 しかし唯一、想定外であった双子の皇子・トルイが その場に駆けつけたことで、誰もが想像していなかった事態が起こる。 「生が死の先を走る」事態に気付いた蒙古兵たちが、シュトヘルたちの居るもう一つの戦場に押し寄せて来た

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード