劇画座招待席 幕末工作人 からす 1巻

リイド社

ストーリー

幕末…勤皇、佐幕両派は、それぞれ細作(スパイ)機関を使ってしのぎをけずっていた。そんな時代、どちらにも属さない通称「からす」と呼ばれる工作人がいた。薩長に追い詰められた幕府は、民百姓の為、無血開城を主張する勝海舟暗殺を計る。からすがとった行動とは…!?

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード