異説!?写楽 ~男色大鏡~ 1巻

まほろばコミック

ストーリー

写楽とは誰か?版元、蔦屋重三郎のもとに二人の少年がいた。戯作者を目指す写次。絵の修行をする楽多。のちに『写楽』として評判となった楽多の画法は、写次が手引きした役者と楽太が淫靡に交わり、役者の本質をとらえるというもの。楽太を想う写次と重三郎を慕う楽太。二人の行為はついに重三郎に知られ……。彗星のように現れ、瞬く間に消えた天才浮世絵師、写楽。現在、その正体は実在を確認された斎藤十郎兵衛説が濃厚となっている。しかし、十郎兵衛が残した画家としての記録は存在していない。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード