愛玩奴隷~私はご主人様の雌犬~ 1巻

笠倉出版社

ストーリー

「何でもするって言ったのはお前だろ?」学生時代に犯した罪から、広瀬の言うがままになっている麻希。それでも逆らわないのは、彼のことが好きだから。ふたりだけの室内、広瀬に命じられ、麻希は彼の目の前で秘所へと指を這わせてグチュグチュと音を立ててかき回す。羞恥心と情欲がないまぜになりながらも、身体は素直に広瀬を求めてしまう。彼女になることが出来なくてもいい、側にいることが出来るなら…。麻希の一途な想いは広瀬から与えられる快楽によって少しずつ形を変え、逃れられない鎖のように麻希を縛り始め…。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード