惑星 1巻

秋田書店

ストーリー

女なんてうっとうしい。朝から晩までホレたのハレたの1年中発情期かっつーの、と俺は思っていた。あのくそ生意気な女に出会うまでは。でもそのくそ生意気な女にも弱点があった。それは俺の声。声だけにはめっぽう弱い。だからあいつの耳で愛をささやく。言うことをきかせるために…。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード