これもひとつの愛のかたち? 1巻

竹書房

ストーリー

「君、ちょっとパンツ見せてくれる?」 「パンツ、ですか」 それが彼との初めての会話でした。 下着デザイナーを目指す嵯峨には憧れの人がいた。それは天才デザイナーの宮里陽月(みやざとひづき)。念願かなって彼が社長をしている下着デザイン事務所に就職。ただの雑用でも陽月の役に立てることが嬉しくて、大変ながらも充実した毎日を送っていた。仕事では鬼社長、オフのときには少年のような表情を浮かべる彼。知れば知るほど嵯峨の感情は憧れを通り越して、欲望を含む愛情になっていった。そんな時、陽月からキツい一言が――……。 【収録

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード