優しさライセンス 1巻

秋水社ORIGINAL

ストーリー

「…ん、いた…痛いよ 雷蔵さ…」ベッドの中で、夢中に抱かれて、ボクは彼に身体を捧げる。――翌日、ボクを思う存分抱いた彼は、「お前、男初めてだったろ…」そうバツが悪そうにつぶやくが、ボクは気にしない。たまたま男の人は初めてだっただけで、そうゆうコトはよくあるから。だって、ボクは、不幸な人を見るとほっとけない。身体を使って、慰めてあげるのが趣味だから…。モデルのボク・光は、仕事でのトラブルで落ち込んでいるカメラマン・雷蔵の不幸の香りに誘われて近づき、そして抱かれた――…。これが、ボクと雷蔵との出会いだった…。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード