爪と棘 1巻

大洋図書

ストーリー

塾講師として働いている七尾柊司の前に、 ある日、ひとりの男が現れた。 「…思い出した? 兄さん」 男がそう言ったとき、柊司はかつて 自分が傷つけた少年を思い出した。 みっつ下の母親違いの弟、高遠一臣だ。 十年経ったいま、一臣はある目的のため、 柊司を手に入れようとするのだが……

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード