猫の日常。ご主人様の淫らな行為 1巻

秋水社ORIGINAL

ストーリー

「ご主人(彼)の幸せをただひたすら想うこの気持ちをなんていうのだろう」彼の首筋を舐め、覆い被さり、服に手をかけはだけさせる…あとは肌を触れ合わせて温もりを感じること。これが人間の愛情表現なんだと知った。だけど、自分がご主人に同じことをしても全然伝わらない。何故なら、自分は猫だから。人間の男がご主人へ与えてあげられる快感と同じものを与えてあげることが出来ない。自分の愛撫は彼にとってじゃれ合いでしかない…。もどかしい。だけれど、それでもいい、ご主人が幸せであることだけを願い続けている、そんな猫の話。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード