弟の顔して笑うのはもう、やめる 6巻

松文館

ストーリー

私の両親はもうずっと仲が悪い。蒼介も、私を好きな訳じゃないって私は知ってる。私なんかいなくなったって誰も困らない。寂しい。深夜徘徊していたら、見知らぬ男に声を掛けられた。車に乗せられて輪姦されそうな所に蒼介が来てくれた。蒼介、蒼介が私を見ていなくても、私は…。「もうお前とはそういうことしない」蒼介…。なんでそんな事言うの蒼介。心が死んじゃいそうだよ。※この作品は【危険恋愛M】vol.74でもお読みになれます。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード