カノジョは嘘を愛しすぎてる 17巻

小学館

ストーリー

「想像より早く来たな…」そう呟いて、心也はバスを降りた。 「繋がらない?」 「心也さん…電波の入らないところにいるんですかね?何度かけても留守電で…」 「もうすぐリハ始まるのに…」 「すみませーん なんか楽器屋さんが心也さんに頼まれたとかでスティングレイ持って来てくれたんですけど…」 「つか心也本人は?」 「アキ?」 「心也からメールが来たんだけど…これってどういう意味だと思う?」 “悪いんだけど、僕のベースは使わないで。その代わり、プレゼントを贈るから” 「…心也、東京へ帰ったのかもしれない…」

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード