響~小説家になる方法~ 2巻

小学館

ストーリー

15歳の鮎喰響は、 文芸誌の新人賞に 自分への連絡先を伏せて小説を送りつける。 編集者の花井は、その小説を読み、 この作者なら文芸に革命を起こせる、 文芸の力で世界を変えられる、と確信。 名前しか手掛かりがない中、響を捜し出そうとする。 そうとは知らない響は、 周囲とギクシャクしながらも 高校の文芸部に入部。 みんなと部誌を作るため 新たな小説の執筆に取りかかる。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード