銀の魚 銀の波 4巻

講談社

ストーリー

北海道小樽近郊の港町。孤児だった海多は、鰊漁の親方・大潮家に拾われ、その使用人で海運業を興した湊銀次と結婚。娘の春海をもうける。その春海は大正11年、大潮家の次男・櫂二を婿にとり、大潮家と湊家は家族となった。春海が櫂二に人生を預けると決めた矢先、東京出張の櫂二を、あの天災が襲う…。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード