輝夜姫 10巻

白泉社

ストーリー

玉鈴用の衣装を纏ったまゆが「婚儀の間」で何者かに襲われた。丁度その頃、由と逢っていた晶は深く後悔し付ききりで看病するが、晶に寄り添う由の姿を目にしたまゆは、激しい恐怖から封印していた事件の記憶を取り戻してしまう。怯えるまゆに、なおも忍び寄る犯人の正体と目的とは!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード