女王の花 12巻

小学館

ストーリー

“私がもう口に出せなくなっても 愛してるっておぼえてて――…” 背後に迫り来る、宿敵・土妃の脅威――。 新曾国王・旦と共に迎撃態勢を整える亜姫だったが、衝撃的な事実が彼女を襲う――。 避けられない戦いを前に、亜姫と薄星の関係はこのままでいられるのか…!?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード