俺の知らない村上くん。 1巻

竹書房

ストーリー

大学の親友である村上と家飲みをしていた三ノ輪は、酒に酔いつぶれ気が付くと、下半身裸の村上に乗っかられていた。訳が解らないまま、気持ち良さそうな村上の色っぽい表情に誘われて手を伸ばすと… 「お前は何もせんでええ。大人しく寝てろや」 親友の、女の子よりも可愛くて、色っぽい状況を前にして、まさかのお触り禁止令! しかも、大学では普段通りのクールな秀才・村上の乱れた姿を知ってるのは自分だけ! こんな状況を前にして、お前のこと好きになるなって方が無理だろ!? 「俺だってお前のこと気持ちよくしてやりてぇんだよ!!」

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード