そばもんニッポン蕎麦行脚 18巻

小学館

ストーリー

矢代稜は名人と謳われた祖父より江戸そばの技術を伝授された男。 自由にそばを打ちたいと店を構えず、車にそば打ち道具を積み、 東へ西へ放浪の日々。本巻は即席そば業界を丁寧に取材。 安藤百福が発明した即席麺の発展をたどりつつ、食品の安全性を 考えた「カップそばってどうよ」ほか、世界的画家ミレーの代表作・ 「種まく人」の種は蕎麦の種であったかを検証する「種をまく人」ほか 10編を収録。読むと無性に腹が減る本格蕎麦漫画です。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード