マスカレイドNight 1巻

竹書房

ストーリー

「成瀬千珠様、貴女を当家の晩餐会にご招待いたします」 呉服屋店員・千珠の元に舞い込んだ怪しげな招待状。 訪れた館で迎えたのは、褐色の肌をターバンと長衣で包んだ美しい仮面の男だった。 きらびやかな屋敷でいつしか眠りこんでしまった千珠は、 媚薬の香りで、ナミルと名乗るその男に無理やり抱かれてしまう! むせ返る甘い香りに包まれながら夜ごと千珠を抱き、 「俺を忘れたのか」と囁く男。 碧い瞳が忘れていた記憶を呼び覚まして…!? 異国の皇子と運命の恋。灼熱のエキゾチック・ラブロマンス!!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード