人魚姫ノ褥~淫靡な傷跡・愛欲の檻~ 1巻

松文館

ストーリー

「上から見下ろす眺めがサイコー」…なんだって。智史はいつもバックで私を突く。私も顔とか見られるの恥ずかしいから、それでいい。 イく前に速く深くなる、その瞬間が、一番気持ちいい…。智史とは付き合って2年ちょっと。正直優しくはない。強引でつれない。 少しぞんざいに扱われてるかも…って自覚もある。けど憎めないし可愛いところもあるし、やっぱり好きなんだと思う。だから…。 だけど…「いつもより興奮してね?濡れ方スゲーんですけど」そう言いながら智史は、私の部屋で私の留守に、髪の長い知らない女を抱いていた。 その女を抱

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード