座頭市 1巻

松文館

ストーリー

劇画会の第一人者として一時代を築き、今なお熱いファンを持つ劇画家・平田弘史。43年前に発表された「座頭市の歌が聞こえる」と「座頭市海を渡る」は劇画家として注目され、貸本マンガ界から雑誌マンガ界に掲載され始めた頃の作品であり、1960年代後期に雑誌マンガ界で起こる「劇画ブーム」の先陣となる記念すべき作品の一つである。海外でも大評判! 劇画作家・平田弘史の傑作時代劇画「座頭市」が43年ぶりに蘇る!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード