発情幼な妻 調教濡れた午後 1巻

秋水社ORIGINAL

ストーリー

裸エプロンで「お帰り~!」と言ったら誠司さんが濡れた私のアソコをズプリズプリ! 後ろから横からまたズブリ! いくら新婚さんだからってやり過ぎカナ!? ちょっと疲れ気味の翌日、訪問販売にやってきたのは初恋の長谷川くん! なんて偶然! でも、疲れを取るマッサージだよって長谷川くんにオッパイをもまれ、乳首ビンビン! 濡れちゃった私のアソコに、ああ、いけないョ~、長谷川くんの大きなモノが私の濡れちゃったオ○○コにズブズブ―――!! イイよ~、もっと、もっと、ズブズブHなこと教えて―――ッ!!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード