含羞―我が友 中原中也― 1巻

ぶんか社

ストーリー

大正14年4月。東京にある小説家・小林秀雄の自宅に、詩人・中原中也が訪ねてきたことから、ふたりの天才の魂の交流が始まる。自分は他の人びととは違うと思いながらも常識にとらわれて生きる小林は、天衣無縫に生きる中也に惹かれ、その力になりたいと願う。しかし中也は蝶のように小林の手からすり抜けては戯れるばかりで――…。才能あふれる男たちの濃密な人生を、丁寧な取材で描いた曽根富美子の傑作第1巻。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード