KEMARI 分冊版 3巻

講談社

ストーリー

蹴鞠の楽しさを斉子に教え、問題を解決した泰申。だが、斉子が引きこもっていた理由が、さらなる展開を見せることに。斉子は摂政の姫君の屋敷で、物の怪を見たという。それも自分と瓜二つの姿だったと。これを聞いた泰申は「自分と蹴鞠ができる!」と、嬉々として物の怪と対決することに。一方、藤原の名を憎悪する右大臣・定明がひそかに動きだし──。同名の単行本所収の第3話を収録。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード