待てを知らない犬ならば 1巻

シュークリーム

ストーリー

他人にはそっけないオレ様・鴻(こう)は、恩人・聖(ひじり)の前ではどうにも調子が出なくて、オロオロと格好わるいところばかり見せてしまう…。 「俺、確かに気持ち悪いかもしれません…聖さんのファンなんで」 ――聖の家が全焼し、弟と路頭に迷おうというところへ声をかけて来たイケメン…それが鴻だった。聞けば聖は、むかし鴻のことを救ったヒーローなのだと言う。覚えがない聖だったが、熱心な鴻に悪い気はしない。けれども、なんだか鴻の距離はいちいち近い気がして……? 懐いた犬に襲われるのか手懐けるのか、ちょっぴり残念系なイケ

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード