黒髪少女敏感地獄 1巻

アムコミ

ストーリー

「私の身体は異常な程の敏感体質です…どんなに嫌でも身体が感じちゃうんです…」居酒屋でバイトしている専門学校生のミクはかわいくて巨乳の看板娘。いつものように深夜勤務を終えて始発電車で帰るつもりがベンチでつい居眠り。目を覚ましたら既にラッシュアワーに入っていた!自分を守る為と付き合ってくれていた店長と共に満員電車へ乗るミク、電車の揺れとかかる吐息に感じてしまい身悶えてしまう…ミクを守る為に付き合ってくれたはずの店長だったが艶かしく身悶えるミクを見て我慢しきれずその手を豊満な肢体に伸ばしてしまう。

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード