保護者失格。一線を越えた夜 3巻

アムコミ

ストーリー

「叔父さんの匂いがするのに触ってもらえない…」姪と叔父という禁断の関係を乗り越え、恋人同士になったちづると幸久。幸久が出張の夜、さみしい気持ちを抑えられないちづるは、幸久のベッドで優しく自分に触れる指を思い出してしまう。「私がいない間、1人でしてたの?」帰ってきた幸久に1人Hがばれて、甘いおしおきを受けることに。そして2人きりの旅行では、恋人として振る舞えることに幸せを噛みしめるけど…。

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード