保護者失格。一線を越えた夜 9巻

アムコミ

ストーリー

「ちづるには空くんみたいな子が似合うよ」その言葉以来、最低限の会話しかしてくれない叔父さんに、ちづるは話し合いを持ちかける。叔父さん以外の人を好きになることなんてない、叔父さんといる以上の幸せなんてない…。「『普通の幸せ』が私の幸せだと思わないで」ちづるの「好き」の気持ちは伝わるの…?

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード