黒源氏物語 2巻

小学館

ストーリー

「私の所においで 紫の君…  ずっと一緒にいてあげますから…」 花と見紛うばかりの美しき皇子・光源氏。 義母・藤壺の女御への叶わぬ想いに囚われながらも、 左大臣の姫君・葵の上を娶ることを決める。 しかし心は満たされぬまま、その歪んだ妄執は、 空蝉の君、末摘花、六条の御息所… 他の女達へと向けられるのであった。 このまま、修羅の道へと堕ちていくかと思われたその時。 光は藤壺の女御の姪・紫の君と、運命の出会いを果たす… ---光源氏は、果たして本当に光の中だけを歩んでいたのか? 千年語り継がれる歴史ロ

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード