幼なじみの腰つき 1巻

秋水社ORIGINAL

ストーリー

「あーーー挿れて、もう挿れてぇ!」学校のトイレの個室から聞こえてきた、あられもない男の喘ぎ声。「ああ、思いっきり突いてやるよ…」腰を振りながら答えた声の主は、幼なじみの業輝だった…。生まれた時からずっと一緒、お互いのことはなんでも知っている、隠しごとひとつない関係だと思っていたのに、とショックを受けた光は、「お前ゲイだったのかよ?!」と思わず業輝を罵ってしまう。すると業輝は「あんなのはセフレ、光の身代わりだよ」と、激しく唇を貪ってきて…?!

他の作品

他の作品も見る

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード