マンガで読む名作 罪と罰 1巻

日本文芸社

ストーリー

「俺には殺人が許されている――」 貧しい青年ラスコーリニコフは「選ばれた非凡人は人類のために法を踏み越える権利を持つ」という信念から金貸しの老婆を殺害するが、犯行後、激しい罪の意識に苛まれてしまう。自首か、自殺か、逃亡か…自己犠牲に徹して生きる娼婦ソーニャとの出会いを経て、ラスコーリニコフの選んだ結末は…!? 人間にとって何が善で何が本当の罪なのか。1865年、猛暑のペテルブルグで一人の青年の狂気が発火する!!

スマホでアプリをゲット

スマホからアクセスしてマンガボックスアプリをゲット!

iPhone用 Android用

スマホで情報をチェック

PCから詳細情報を見る場合はこちらから

App Storeからダウンロード App Storeからダウンロード