二人のゼロジバ

二人のゼロジバ

裸村

Facebook Twitter

ストーリー

僕には好きな子がいた。伊藤真実。彼女はその日も、猫の死骸を抱いて泣いていた。殺したくなかったと泣いていた。生き返らせてあげたいと泣いていた…。 僕らには「秘密」がある。僕らは真実のお父さんのそろばん塾で、「そろばん以外のこと」も教わっていた。その塾では、時々猫を殺した。蛙も殺した。決して、手を触れずに殺した。 僕らには「力」があると、真実のお父さんは言う。だけど、そんな力が何だって言うんだ。お父さんから、この町から、こんな腐った世界から、逃げたいと真実は言った。ああ、何も知らない無垢な子供だった頃に戻りたい。真実がまだ、人間だった頃に…。